安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

メガネスーパー上場廃止一歩手前へ…猶予期間入りで崖っぷち

      2015/08/20


本日7月23日、メガネスーパー【3318】が四期連続のキャッシュフローマイナスを計上したことなどを理由に上場廃止の猶予期間入り銘柄となりました。

平成28年4月期の業績予想が達成できない場合や第 10 回新株予約権の行使の遅延や株価の低迷等により資金調達が進まない場合には、債務超過解消に至るまでの当期純利益や増資資金が確保出来ない可能性があります。
その結果、平成28年4月期末において債務超過が解消されない場合、また、債務超過が解消された場合においても、平成 28 年4月期営業利益がマイナス、かつ、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスに留まった場合には、株式会社東京証券取引所の上場基準に抵触し、当社株式は上場廃止となります。

「債務超過」及び「業績」基準に係る猶予期間入りに関するお知らせ



スポンサーリンク





「メガネスーパー上場廃止のピンチ…やばいやろ」というのは前も少し書きましたが、
リンク:上場廃止危機のメガネスーパー!株価はどうなる?(15/07/13)
上場廃止へまた一歩進んでしまったかたちとなってしまいましたね…


同IRによると「平成28年度4月期の業績は630百万円の黒字」を見込んでいるとのことですが、26年度の赤字が2450百万、27年度の赤字が987万円、そして今年3月~6月の営業黒字化とのことですので、数字上は達成できそうな値かもしれません。
債務超過をなくすためのねらいとしては、

新株による資金調達

集めた資金により新規出店、ウェアラブル端末の開発

そして黒字化へ…

というのが今回のIRで扱われていますが現在新株の予約券は9.79%とあまり芳しくない状況のようです。

 

ところで、メガネスーパーが今回リスト入りした猶予期間入り銘柄なんですが、思っていたより多くあったんですよね。

リンク:猶予期間入り銘柄等一覧 (JPX 日本取引所グループ)

よく見てみると石井工作研究所、サハダイヤモンド、そしてマツヤピクセラ…という急騰銘柄の宝庫なわけです。
というのも悪材料が出尽くしたところに好材料がきたからこれらの銘柄は急上昇したわけですが…
しかし前回の記事にも書いたとおり、メガネスーパーはウェアラブル端末という波に乗ったIRを打ち出してくる可能性があるので、
前駆者たちと同じ道を歩む可能性もかなり高いのでは?とぼくは思います。
まあ何よりも大事なのは予定通り黒字化して猶予期間リストから外れることですけど…

 

不調のメガネスーパーに対して、メガネ業界で最近好調なのはJIN【3046】でしょうか。
0723_1 JIN【3046】(15/07/23 引け後)

メガネスーパーも早く業績をプラスに戻さないと…
まさに「はやくしろっ!!間にあわなくなってもしらんぞーーーっ!!!」状態に追い込まれてますね。
(まったく関係ないんだけど画像検索したら面白かった)

いや…これからがほんとうの地獄か…?
(おわり)



スポンサーリンク

 - , , , ,