安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

マルチ商法のgoodgo99破産…でもマルチは違法じゃないって知ってた?

   


本日7月28日、連鎖的取引、いわゆる「マルチ商法」で化粧品をおもに取り扱っていたgoodgo99が破産手続きを開始しました。

(株)goodgo99は7月3日、東京地裁へ破産を申請し7月7日、破産開始決定を受けた。破産管財人には小林克典弁護士(麹町パートナーズ法律事務所)が選任された。

goodgo99は、平成24年8月設立の化粧品販売業者。東京と大阪に事務所を構え、全国から会員約8,000人、出資金約80億円を集め、代理店を募って化粧品や健康補助食品などの連鎖的な取引を行っていた。

しかし、関係者によると「資金繰りが悪化して出資金は一部の代理店のみの還元にとどまっていた。また、債務超過の状態に陥り、現役員を中心に破産を申請」とされている。

化粧品販売のgoodgo99、破産手続き開始決定 マルチ商法により約8000人被害 (M&A Times)

「マルチ商法なんて詐欺なんだから破産して当たり前でしょ!」と思われた方もいるかもしれません。
しかしマルチ商法は違法でも詐欺でもない…って知ってましたか?



スポンサーリンク





 

●マルチ商法は違法ではない!?その理由って?

そもそもマルチ商法の定義とは何なのでしょうか?21世紀初めを感じさせる警視庁のホームページによると

商品を販売しながら会員を勧誘するとリベートが得られるとして、消費者を販売員にして、会員を増やしながら商品を販売していく商法です。

マルチ商法 (警視庁)
リベートというのは手数料のことですね。
つまり商品の販売者が商品を売るだけではなく会員勧誘をすることによってピラミッド状に会員を増やしていく、このことによって得られる利益を増やしていこう…というのがマルチ商法のおおざっぱな仕組みです。

こういったマルチ商法はピラミッド上位の人たちしか実際には儲からず、新規会員はそのエサにされているだけ…ただの詐欺!と考えられることも多いですが、実際には違法ではないのです。

 

なぜマルチ商法は違法ではないのでしょうか?
そのことについてみていく前に、マルチ商法と「ねずみ講」の違いについて知っておく必要があります。
一見同じように思われるこのふたつの販売方法ですが、マルチ商法がグレーなのに対し、ねずみ講は完全なる違法、ブラックアンドブラックなのです。

(前略)
いわゆる「ねずみ講」と呼ばれるものは、「無限連鎖講」に当たるもので、こちらは違法行為となります。
マルチ商法とねずみ講は、ともに親会員から子会員、子会員から孫会員と、ピラミッド状に会員組織を作っていく点では同じです。
ではどこが違うかと言うと、商品の流通をともなうのがマルチ商法、お金だけが動いていくのがねずみ講と考えればよいでしょう。

マルチ商法、ネズミ講の被害事例・手口。被害に遭った時の対応

マルチ商法自体が問題だと思いがちですが、マルチのなかでも「悪質な販売方法」をとるものだけが違法というわけです。

 

スポンサーリンク





 

●新手の詐欺…未公開株を買わせるマルチ商法とは?

悪質なマルチの新手法として、「未公開株を買わせて儲けられる」という事例が出てきているようです。

「近々上場する」「絶対儲かる」などと言われて、サラ金からカネを借りて未公開株を購入。にもかかわらず、その会社は上場の予定はなく、解約にも応じない、というトラブルが大学生の間で急増している。しかも勧誘しているのも同じ大学生で、その分マージンが入る「マルチ商法」的な仕組みになっているというのだ。

男子大学生狙う新手「詐欺」 未公開株「マルチ商法」登場 (JCASTニュース)

 

(っ `-´ c)
こういう怪しい詐欺めいたことがあるから株とかFXも悪いイメージを持たれてしまうんですよね…
こういった悪質な手法にひっかからないためにも「自分で正確な情報を知っておく」というのはかなり重要です。
情報を正しく扱って適切なアプローチをとれれば株やFXで資産を増やせることもできるわけですし。
100円で買えてこれ以上株価が下がらないからという謳い文句に乗せられて石山Gateway【7708】を買う…なんてことのないように気をつけましょう…(石山関係ねえな)

 



 

スポンサーリンク

 - ニュース