安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

株を始めたいけど、どの株を買えばいいか分からない…って人向けのオススメ銘柄はコレ!

      2015/08/30


先週一週間(08/24~08/28)は人民元切り下げを発端とする中国経済の問題を発端にし、世界同時株安が発生、
中国の代表的株価指数、上海総合指数の大きな下落をはじめとし、アメリカ、そして日本でも株価の暴落が発生しました。

 

大荒れの展開となった。前週末のダウ平均が500ドルを超える大幅下落となったことから、週明け24日の日経平均は大幅安スタートで19000円をあっさり割り込み、下落幅は895円と今年最大となった。翌25日もダウ平均が大幅安となったことを受け733円の下落と、2日で1600円超の大幅下落。為替市場ではドル安・円高が進み、恐怖指数VIXが急伸するなど、世界的にリスク・オフの流れが強まった。一方、中国の相次ぐ景気対策を好感する格好で、後半にかけては戻りの動きを強めた。欧米株も反転し上昇の動きを強めたことや、上海株が下げ止まったことなどを受け、26日以降は全面高の上昇が続いた。日経平均は週間では299円の下落ながら、週足では3週ぶりに陽線を形成した。

トレーダーズウェブ マーケットの話題

 

と、記録的な値動きを見せた世界の株式市場ですが、こういった動向を見て色々な動きを見せる投資家たちがいるようです。

(前略)
松井証券では、新規口座の申込みが前の週より5割増えた。個人投資家は株価の上昇局面で売りを出すことが多いが、今種は「個人の買い越しが続いている」(カブドットコム証券の荒木利夫執行役)。」

(15/08/29 日本経済新聞 「市場動乱ひとまず収束」)

ともあるように、この値下げを見て「株…始めどきじゃね!?」と思う人も一定多数いたようです。
ツイッターを見てると退場者も今までになく多くいたみたいですけどね…
まあ新陳代謝が進んでいいんじゃないかな(よくない)

というわけで前置きが少し長くなりましたが、今回は株を始めた人がどの銘柄を買えばいいの?ということについて考えていきたいと思います。



 



スポンサーリンク




 

どれを買えばいいの?の前に、買ってはいけない銘柄を知っておく

 

「初めて株を買うんだけど、銘柄が多すぎてどれを買えばいいか分からない…」

という人は多いかと思います。
そこでまずはこの銘柄を買うといいよ!ということですが…

どの銘柄を買うべきか、なんてのは決まってませんし、どれを買っても儲けるか儲けないかなんてのは分かりません。

本とかでは
「自分の好きな銘柄をまずは買うといいよ!」とか、
「自分の身近にある商品をつくってる会社の株を買えばいいよ!」といったことがよく書かれていますが、ぼくはまあぶっちゃけ何でもいいやろ…と思ってます。

ですが初心者(自分も含め)が買うべきではない銘柄というのはあると思っています。
それは以前書いたこの記事にも書いてあるので興味がある人はどうぞ♡
リンク:触るなキケン!株初心者が買ってはいけない銘柄はコレだ

 

 

で、何を買えばいいの?

 

どれを買ってもいいんじゃない…なんて書いた後でアレですが、僕なりのオススメ銘柄もいくつかあります。

 

それが「日経連動型上場投資信託」です。上場投資信託、いわゆるETFですね。

上場投資信託とは、文字通り顧客から集めた資金を用いて投資をする「投資信託」というファンドが上場したバージョン、というものですね。
このETFが他の銘柄と同じように購入できるということです。

0829_2 超シンプルに投資信託の仕組みをまとめてみた

 

株ビギナーは「日経平均を買っとけばええんやろ!!」ということを言いがちですが、日経平均株価というのは上場している225銘柄に連動して動く株価指数なので、それを銘柄として購入…ということは出来ません。

 

 

が、日経平均に連動した動きをする銘柄を購入することはできます。

それが先にあげた「日経連動型 上場投資信託」ですね。
日経平均の値上がりに連動して上がるタイプの銘柄をブル型、値下がりに連動して上がるタイプの銘柄をベア型(インバース型)などと言ったりもします。
(ダブルインバース、という言葉がよく使われていますが、それもこれの一種です。)

「日経連動型 上場投資信託」をはじめとした上場投資信託の銘柄リスト一覧は松井証券のホームページで見ることが出来ます。

リンク:レバレッジ(ブル)型、インバース(ベア)型上場投資信託・上場投資証券のご紹介 (松井証券)

 

スポンサーリンク




 

なんでこの銘柄を買うのがオススメなの?

 

この銘柄をお勧めする理由は個々の銘柄についてのファンダメンタルズを考えることなく、大きな視野での売買をすることができる、ということです。
あとは非常に安い購入金額から投資を始められるという点ですね。
さきにあげた松井証券のリストにもあるように、多くのETFの最低購入単位が一口なので、3万円ほどあれば手軽に購入できるものもあります。

どの銘柄を買えばいいか分かんないよぉ…って人はまずはこの日経連動型ETFで全体の流れを把握して個別銘柄に手を出していく…というのが良いかなとぼくは思います。
何をするにせよ「全体を見ながら進めていく」というのは重要な視野だとぼくは考えています。
実際に取引をしつつ本などで知識を深めていく…というのが王道の流れかと思います。

 

今回の記事のまとめ

 

①「仕手株」に手を出すのはやめておこう
② まずは日経平均と連動して動くETFから買ってみよう
③ 日経連動型ETFのいいトコロは、 ・分かりやすい ・低価格で購入できる こと!

 



スポンサーリンク

 - , 株キソ