安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

四季報2015秋が出る前に、別冊増刊「2015秋号で見つけた先取りお宝株」を読んでみたよ

   


9月14日にみんなおなじみ会社四季報2015年 4集秋号が発売されますね。



それに先駆け会社四季報別冊 臨時増刊 超速報! 「会社四季報」秋号で見つけた先取りお宝株が8月31日に東洋経済新報社から発売されています。


四季報が発売される時期になるとこの増刊もいつも発売されるんですけど、今回も例にならって臨時で増刊されちゃった♡ということですね。



スポンサーリンク





 

で、この先取りお宝株なんですけど、表紙にもあるように「秋号で見つけた厳選注目の15銘柄」がamazon kindle版の内容紹介でモロバレしてるんですよね…

0902_1

ちなみにこのなかで雑誌掲載時で購入価格10万以下安めの株はオーシャンシステム【3096】八洲電機【3153】野村ホールディングス【8604】
オーシャンシステムは地方創生関連銘柄、野村は日本郵政上場の関連名柄としても紹介されています。


 

 

さて、雑誌の大まかな内容としては目次にもある通り、

①優良銘柄の紹介
四季報の経常利益、業績指標から見た優良株、秋号の源泉15銘柄、材料株150、ROEが8%以上、キャッシュフロー黒字…などのスクリーニング済の10万円以下の株など


②テーマ株の紹介
利上げなどのマクロ要因の関連株やマイナンバー、ノーベル賞に関連した銘柄など

③アナリスト、経済評論家のファンダメンタルズに関するコラム

この三点がメインです。

 

個人的に面白かったのはPART2の「需給で読み解く相場の行方」ですね。日銀をはじめとした大口ファンド「5頭のクジラ」に含まれるゆうちょ銀行、かんぽ生命が新規上場することによって秋相場の需給はどうなっていくかということ、
あとは機関投資家が買っているときに個人投資家がどういった行動をとるか、といったデータは参考にもなりました。

というわけで臨時増刊四季報を読んだぞという記事ですが、ブログの発展に活かしていきますので、またこのブログもよろしくね。

 

 

スポンサーリンク

 - 未分類, , , , , , , , , ,