安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

「安保法案は戦争法案」と言い張る思考停止のひとたちへ。まずは「情報の扱い方」を学べ

      2015/09/19


昨日9月17日、参議院特別委員会で安保法案が可決。
次は本会議で議論され、法案の採決を争うこととなります。
委員会とか本会議って何なの?って方は前書いたこの記事をどうぞ
リンク:どうなる「安保法案」!?17日、参議院での採決は目の前に迫っている  (15/09/14)

今の国会の最大の焦点である安全保障関連法案は17日、参議院の特別委員会で自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されました。与党側が、18日にも参議院本会議で可決して成立を図る方針なのに対し、民主党など野党5党は、安倍内閣に対する不信任決議案を衆議院に共同で提出するなどして採決を阻止したい考えで、与野党の攻防は最終局面を迎えます。

安保法案 参院本会議の採決巡り攻防最終局面に (NHK NEWS)

採決を延期、さらには否決させたい民主党をはじめとした野党の狙いは失敗。
セクハラアピールからの必死のダイビングも着地失敗、大乱闘サヨックブラザーズの結果、野党側は相手残基を全く減らせないまま自滅した格好となっていまいました。

リンク
野党の「セクハラ」作戦に反撃 参院議長が女性衛視投入 民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」 (産経ニュース)
民主・小西氏が委員長めがけてダイビング攻撃…法案可決時、与野党大荒れの“壮絶肉弾戦” (産経ニュース)

 



スポンサーリンク


 

 

ところで「安全保障関連条約」ってなんなのか説明できますか?

別にぼくは右でも左でもないのですが、安全保障関連法案を巡っては激しい争いが見られます。
国会前でのデモに参加するSEALDsはその最たる例でしょう。
その行動に関しては肯定的な声も見られる一方で否定的意見も非常に多い。

ぼくが思うところは「この人たちは何を信じて行動しているのだろう」ということです。
「強硬的なやり方が非道すぎる」
「戦争法案で私たちのこどもを殺させるわけにはいかない」
「徴兵制で若いひとたちが戦争に行って死んでしまうのを防がなければ」

安保法案が戦争法案って…それ、どこソース?

 

スポンサーリンク


 

 

国民に求められるのは「情報を正しく扱う能力」

デモに参加する全員がそうだとは言えませんが、「安保法案は戦争法案!絶対反対!アベやめろ!」という人達には考えることをやめて騒いでる人たちも多くいるでしょう。

SEALDs代表の奥田愛基さんが9月15日参議院の特別委員会でスピーチしたなかに、こういった一説がありました。

ある金沢の主婦の方がフェイスブックに書いた国会答弁の文字おこしは、またたくまに1万人もの人にシェアされました。ただの国会答弁です。普段なら見ないようなその書き起こしを、みんなが読みたがりました。なぜなら、不安だったからです。

「国民をバカにしないでください」 SEALDs奥田愛基さんが国会で要望(全文) (弁護士ドットコム)

デモに参加してる人たちの中には「不安になった」人だけでなく、受動的に「不安にさせられた」人も多いでしょう。
能動的に、そして客観的に情報を集められず、単眼視点でものを考えてしまう人たちです。

暴力的であり、論理的根拠のない言葉を使う偏向性を持つ人達に着いていきバカ騒ぎするのは大半が思考停止した人々でしょう。

 

デモに行くことが悪いわけではありません。法案に反対をすることが悪いわけではありません。
安保法案が100%正しいものと言うわけでもありませんが、賛成派反対派含め、必要なのは「情報は多面的な視点から見なければならない」ということを知っておくべきだということです。

心理学の用語で「認知バイアス」ということばがあります。
人間はある事物に対する評価をする際に、自分が知っていた前提条件でものを考えてしまうという性質のことです。

ある一つの視点だけからものごとを考える、ということは自分のフィルターを通した思考停止でしかありません。
様々な視点を持って初めて「自分のアタマで考え始める」ことが出来るわけです。
だからこそくだらないバラエティ番組を見ている暇があったら、本を読みましょう。
安保法案が戦争法案だと聞いて思考停止してデモに行く前に、歴史について、政治について一から勉強しなおし、正しい歴史認識を持ちましょう。
偏って編集されたネトウヨばかりのまとめブログを読まずに、熱を持って真剣に戦っている人たちの声を聞き、その背景を考えましょう。
思考停止の情弱こそ見えない戦場で一番前に立ってはじめに死を迎える人じゃないですか?

そしてもうひとつ重要なことは「世の中の多くのことには正解がない」ということでしょう。
今回の件でいっても、仮にこの安保法案で未来のこどもたちが徴兵され、戦争が起こって多くの人々が死ぬことになる…という視点を持った人からすればこの法案を否決させることが「正解」なのでしょう。
しかし仮に他国が日本に軍事的攻撃を仕掛けてきた場合、集団的自衛権を正しく行使し、正統的防衛をすることが出来たならこの法案が可決したことは「正解」だと言えるのではないでしょうか。

この法案の採決が歴史的に大きな意味を持つことは間違いありません。
この機会にもう一度自分の意見は本当に自分の考えなのだろうか、ということを見直すべきです。

画像出典:jamesjustin

 

スポンサーリンク


 

 - ニュース, 未分類