安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

9/21~9/27の主要経済指標まとめと先週の総括 夏以前とは相場が変わったことを認識すべき 

   


シルバーウィーク楽しんでますか?
というわけで日本でのマーケットは月・火・水と休場ですが外国、為替市場は動くのでいつも通り日米メインの「重要な経済指標のうちとくに重要な経済指標」、貼っておきますね。

 



スポンサーリンク


 

 

来週の日経平均は他国の指標に影響されそうなものの、方向性は持ちづらい

まあ先週が日銀会合、FOMCと大きなイベントが多かったのでそれに比べたら来週は静ですね。
リンク:9/14~9/20の主要経済指標まとめと先週の総括 各国の金利はほぼ据え置き…どうなるFOMC?  (15/09/13)
日経平均に関しても大きく動くような指標はなく、ある程度上値が重い展開かと。

●9/21(月)

主要指標なし

 

●9/22(火)

主要指標なし

 

●9/23(水)

中:9月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値 (10:45)
前回・・47.3  予想・・47.8

欧:ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言 (22:00)

南ア:南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利 (時間未定)
前回・・6.00% 予想・・6.00%

 

●9/24(木)

米:8月 新築住宅販売件数 [年率換算件数] (23:00)
前回・・50.7万件  予想・・51.5万件

米:8月 新築住宅販売件数 [前月比] (23:00)
前回・・5.4%  予想・・1.6%

米:イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言 (30:00)

 

●9/25(金)

日:8月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比] (08:30)
前回・・0.2%  予想・・0.1%

日:8月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比] (08:30)
前回・・0.0%  予想・・-0.1%

米:4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) [前期比年率] (21:30)
前回・・3.7%  予想・3.7%]

 

まずは23日の中国の9月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値ですか。
まあこれは正直どうでもいいかなって感じですね…予想値とほぼ似通った数値でしょ。
よほど悪くなければ上海総合指数(日本でいう日経平均)への影響も少ないでしょうし、単なる景気指標のひとつと見ていいかと思います。

 

あとは23日にドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、24日にイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言があります。
これについてはドラギ総裁は9月3日、そしてイエレン議長は17日に会見をしたばかりなのであまり大きなサプライズはないかと思われます。

 

24日の米 8月 新築住宅販売件数に関しては、17日のイエレン議長の会見では

住宅市場のさらなる改善を想定している。住宅市場は依然としてかなり落ち込んでいるが、二世帯が同居するケースはまだ多く、そこに住宅需要はあるはずで、雇用市場が上向き、所得の伸びが改善するなかで住宅需要は顕在化するだろう。

イエレン米FRB議長の会見要旨 (Reuters)

とのことです。

スポンサーリンク


 

結局ほぼ全ての国が追加金融緩和を行なわなかったわけですが、夏以前とは相場の雰囲気が違うことは認識しておくべきだと思います。

 

0919_1 (15/09/19時点 日経平均 日足チャート)

大きな暴落からボラティリティが高いままレンジ…といったイメージの日経平均ですが、そのうちどちらかに抜けることは確かです。
10月に日本での追加緩和、10月での米利上げはあるか…といったところが
大きな視点かと思われますが、中国などの外部要因を考えても下にいく可能性が高いことは否めません。

ていうかチャートがクソみたいに汚すぎて本当に方向性が分からないんですよね…ぼくは様子見つつ下にいく予想で張ってみます。

以前の経済指標に関する記事はこちらから リンク:タグ「経済指標」一覧

参考:Yahooファイナンス



スポンサーリンク


 

 - ニュース, , , ,