安めの株をみているよ

株ビギナーの人でも買いやすい、10万以下の低位株をメインにみている…つもりでしたが政治、ニュース、ビジネスなど少し脱線して書いたりもしています。 投資は自己責任で!

*

16年4月からの「電力自由化」で私たちの生活はどうなる?必要なのは「電力リテラシー」

   


2016年4月から「電力自由化」が始まることをご存知でしょうか?
この電力自由化はぼくらの生活にも大きな影響を与えることが予測されています。
「言葉だけは知ってるけど詳しくはまったく分からない…」という人のために、超カンタンに
「電力自由化って何なの?」
「電力自由化でわたしたちの生活はどう変わるの?」


ということをこの記事では書いていきますね。



スポンサーリンク


 

 

16年から始まるのは電力”小売”自由化 電力を色んな事業が売れるように

「電力自由化ってなに?」という前に、今年から始まった電力システム改革の概要について知っておきましょう。

今年始まった本格的な電力システム改革は、
①家庭用など電気の小口消費者が電力会社を自由に選択できるようになること
②卸電力市場の活用を通じて電力需給の安定を図るとともに送配電制度の透明性を高める
③電力会社の送配電部門の中立化を徹底する
などの目的を持っています。

やさしい経済学 公共政策を考える 第5章 電力自由化の影響 (15/08/21 日本経済新聞)

 

さて、さきに電力自由化が始まる…と書きましたが、電力の自由化自体は以前から始まっていました。
16年4月に始まるのは、個人家庭に関係するような低圧電力に関する電力自由化、です。
うえにあげたシステム改革概要の①にあたるものがそれですね。
0924_1一番下の「低圧」が来年4月からの自由化対象  株式会社エネット

「で、結局電力自由化って何?」という質問へのシンプルな答えは、『消費者側から見て、電力の「買い方」が自由化される』、というものになります。
それは逆に言えば電力の売り手が多様化するということでもあり、今までのように東京電力、関西電力…etcといった各地の大手電力会社から電力を買うシステムではなくなる、ということです。
今まで近場に数店舗しかなかったファミレスがいきなりバンバン建設され始めるみたいな感じですね。

 

それに関連して、今までの電力の「発送、送配電、小売」がセットになった制度から、それぞれを独立させよう、という施策のひとつが来年から始まる「電力自由化」」なわけです。
0924_2電力小売市場の自由化について-資源エネルギー庁-経済産業省
スポンサーリンク


 

 

電力自由化によって「電気」はより身近に。必要になるのは「電力リテラシー」

電力自由化のひとつのポイントとして、「消費者が電力をどこから買うか自由に選べる」ということがありました。
また、既存の大手電力会社には電力の小売業者が増え、競争相手が増えることを見込んで様々な業種と提携する、という例も出てきています。
リンク:カルチュア・コンビニエンス・クラブとのポイントサービスの業務提携について (東京電力)
このことは電力がぼく達のより身近なものになる、ということを意味します。

これに伴い、消費者の視点においては「電力、発電に関する正しい知識」が必要になってきます。
「電力が自由になったらそりゃ安いところから買うっしょw」という考えを持つ人が多数かと思われますが、環境の視点から見た場合はどうでしょうか。

電気には、太陽光や風力などの自然エネルギー発電、原子力発電、石炭などの火力発電など、その「原材料」ごとに、さまざまな発電方法があります。

GREENPEACE

11年以来原発の稼働が少なくなった、(最近九州の川内原発が動き出しましたね)日本ではエネルギー、環境に関する問題はますます表面化しています。
このため消費者は価格のみだけでなく様々な視点から電力の購入を選択すべきでしょう。いずれにせよ、多くの「新電力」という電力の売り手が出てくることによって電力市場が活発になることは間違いないでしょう。
スポンサーリンク


 

 - ニュース, 未分類 ,